マイページへログイン お問い合せ サイトマップ
RSS

 

<1>今日、ミウラ折りと呼ばれて

<1> 今日、ミウラ折りと呼ばれている折り紙は、基本の折りの繰り返しで構成されるから、かなり昔から知られていたにちがいない。著者の記憶には、「影ひだ折り」と言う名前を何かの本で見たことがある。1970年になって、それが物理的に特別の意味がある「自然のかたち」であることがわかり、またその「展開のメカニズム」を使った地図への応用、そして「宇宙の構造物」として構想を提案した。この一連の活動は、ある意味でこのかたちの「再発見」であることから、ミウラ折りと呼ばれることが多くなった。因みに、私が初めにつけた科学的名称は、「二重波型可展構造」であり、誰一人覚えてくれなかった。ミウラ折りという凹多面体面は、それを見る視点により、最も単純な折り紙、タイル貼り、無限凹多面体、自然な折り紙、展開構造物、芸術作品と変わる(F-1)。しかし、何と言っても、これは生まれつきの折り紙である。

<1>The concave polyhedral surface,which is now known as Miura-ori,first appeared in a scientific paper of the shell structures society(Miura,1970).Since then,its unique geometric feature has been the primary interest of people.Miura-ori or its surface,depending on a viewpoint,shows us various aspects such as:the simplest origami,an unchanged by inversion,a symmetry-rich tessellation(tiling),an infinite concave polyhedron,a wrinkle,a deployable structure,and an artpiece. Among them,Miura-ori is a born origami(F-1).
This surface was intially called the developable double aorrugation(DDC)surface.The nickname becomes popular after its application to map design was introduced in British Origami(BOS, 1981).

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=15417&eid=21