マイページへログイン お問い合せ サイトマップ
RSS

 

<4>解析も、そう簡単なものでは

<4> 解析も、そう簡単なものではなかった。手段は、カルマン・チェン・レジェットの方程式を、無限の領域で解くこととした。少しづつ押しつぶしていくと、はじめにF4のような規則的な変形が現れる。これはその変形の部分を、上から眺めた等高線図で示したものである。等高線の数字0から10は、高さを示している。それは、饅頭のような高みと、その反対の凹みが、基盤上に並んでいるような風景である。

<4>In 1978,we had attacked the problem with the analytical method similar to von Karman-Tsien-Legget procedure used for the post-buckling analysis of axially loaded cylindrical shells(Tanizawa and Miura,1978).
Some of the results are shown in the following figures. Because we assumed infinity of a plate,only the periodic solutions are expected.F-4〜7 show the deflection of the plate for the fundamental unit(or the equivalent area)in normalized contour map format.
Repeating of each figure in x and y axis,one can construct a wider image of deflections.F-4 shows the deflection occurred at the initial buckling.It is type of pattern 'hills and craters'expressed as the product of sinusoidal functions.

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=15417&eid=24