マイページへログイン お問い合せ サイトマップ
RSS

 

<5>さらに押し潰しを進めると

<5> さらに押し潰しを進めると、様子が急に変わってきて、かなりめちゃくちゃな、実験で見たような変形が現れる(F5〜7)。その中には、多少の周期性のある変形が見られる(F7)。この群の変形の特徴は、折りが支配していることをしめしている。このような多数の変形のなかで、何がもっとも自然らしいかたちか、をあぶりだす方法は、その歪エネルギーくらべることである。そういう視点で、変形をみると、F7のような変形の歪エネルギ・レベル(E)は桁違いに小さい。この変形は、シグザグの山脈とそれに沿った谷で構成されるかたちである。

<5>Increasing the shortening or decreasing thickness,the deflection changes into quite different patterns as shown in F-5〜7.These solutions are obtained for the same end-shortening and thickness value. As a matter of fact,due to the method of computation,there are infinite numbers of solutions. The quantity that distinguishes among these solutions is the total strain energy.The normalized energy level E of each solution is shown in the caption. Inspecting of the energy level,one can easily identify the type of deflection pattern that gives lower stain energy. We found that those configurations expressed by 'herringbone'pattern exhibit lower strain energy without exception.

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=15417&eid=25