マイページへログイン お問い合せ サイトマップ
RSS

 

<6>こうして、われわれは、

<6> こうして、われわれは、だんだんと答えに近づいていった。さらに精度を高めた計算を行なった結果は、上記の山と谷の線が、非常にシャープのものとなった(F8)。また、その歪エネルギも最小であった。この形を言葉で表現すると、シャープなジグザグの山と谷の線が並行しており、またその斜面が、等高線が直線で間隔が一定であることから、平面で示したものであることがわかる。矢印の方向は曲げ応力最大・最小の方向、長さは曲げ応力の大きさを示している。最大の曲げ応力が、F8の山や谷線に直角の方向にあることがわかる。これはつまり山と谷の線で、板がシャープに折り曲げられているからである。

<6>Among them the pattern F-8 gives the least strain energy.Obviously,it resembles to the configuration for the surface shown in F-1.The additional important information is available from F-9,which shows the distribution of bending stress for the case of F-8. We can observe that the bending stress is concentrated in mountain ridge and valley lines.

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=15417&eid=26