マイページへログイン お問い合せ サイトマップ
RSS

 

<11>この折り畳み地図の制作に

<11> この折り畳み地図の制作によって、ミウラ折り独特の展開特性を、誰でも容易に理解できるようになった。その影響は、折り紙と地図の分野、そして工学の世界にも広がることになった。近未来の宇宙のミッションでは、超軽量で超巨大な膜構造を必要とするものが多く提案されている。1980年の国際宇宙航行会議で著者は、「宇宙での巨大膜面の展開方法」を提案した(Miura,1980)。実際にミウラ折りの宇宙利用の最初の機会は、日本が計画した小型宇宙プラットフォーム(Space Flyer Unit)であった(Miura and Natori,1985)。我々は、二次元展開ソーラー・アレーの実験を提案し、それは1995年に実現し、成功を収めた。F-14は、ミウラ折りソーラー・アレーを展開した宇宙プラネットフォームのイラストである。これはまだ比較的小さいものであったが、今後、桁違いに大きい膜構造、たとえばソーラー・セイルなどで、はじめてその真価が発揮されることと思われる。

<11> A number of future space missions will require ultra-low-mass,large membrane structures.Thus,packaging and deployment of membrane structures will become more and more important. Many of its deployable properties of Miura-ori seemed to be favorable for such application.In 1980,the author aroposed a paper entitled "Method of packaging and deployment of large membrane structures in space"(Miura,1980).The first opportunity to test the applicability of Miura-ori in space came when Japan planned the Space Flyer Unit,a space platform,In eighties.The 2-D array system and experiment mission,which deploy 2-dimensionally deployable solar array,was proposed subsequently(Miura,Natori,1985).The ezperiment mission was carried out successively in 1995.F-14 shows an illustration of the solar cell array in deployed state.

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=15417&eid=31