マイページへログイン お問い合せ サイトマップ
RSS

 

<12>すでに述べたように

<12> すでに述べたように、ミウラ折りは、自然に形成される折り紙である。その生成には、最小エネルギの法則が関与している。また最も単純な折り紙であるし、もっとも基本的な展開構造でもある。こういった特性が、自然界で使われていることは、十分に考えられる。小林等(Kobayashi 1998)は、植物の葉の展開について、ミウラ折りの基本構造を用いたモデルを構築し、シミュレーションなどの研究を行なった(F15)。自然は、葉の展開のエンジンに、ミウラ折りの機構を使っているのかもしれない。

<12>We have already known that Miura-ori surface is a kind of natural solution obtained by an optimization proccedure(Miura,1997).Therefore it is no wonder that by recent studies,some relations of this surface to deployable mechanism of tree leaves are studied.Kobayashi et al(1998)carried out the simulation of deploying leaves using the corrugated model,which is the fundamental structure of Miura-ori,as shown in F-15.

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=15417&eid=32