マイページへログイン お問い合せ サイトマップ
RSS

 

<13>前に述べたように、

<13> 前に述べたように、ミウラ折りの実験による証明は、非常に困難であり、著者らはこれを放棄して、解析的方法に戦術を変更した経緯は前に述べた。最近になって、ハーバード大学のMahadevan and Rica(2005)は、実験的にミウラ折りの生成に成功した。その方法は、ニ軸に圧縮される厚い弾性層の上の薄いフィルムを重ね、ミウラ折りのパターンを生成することであった。彼らは、乾燥するゼラチンの上の皮膜によって、これを実験した。これによって、ミウラ折りは、実験的にも証明された。

<13> Mahadevan and Rice(2005)have solved experimentally the ploblem imposed on F-2.They produced zigzag Miura-ori pattern in a thin film atop a thick elastic substrate that is compressed bi-axially manifest in a drying slab of gelatin with a thin skin that forms naturally.
Their analytical study also supports the previous study by Tanizawa and Miura(1978).

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=15417&eid=33